2008-10

〈話を聞く会〉 BC級戦犯だった夫と共に

〈話を聞く会〉
BC級戦犯だった夫と共に――女性たちの戦後&懇親会

日時:11月15日(土) 16:00~ (15:30開場)
◎ 参加費500円
◎ 18:00からは、同じ会場で懇親会に移行します
1000円程度のカンパ制。カンパに代え、飲み物食べ物の差し入れも大歓迎!

場所  在日韓人歴史資料館
〒106-8585 東京都港区南麻布1-7-32
韓国中央会館別館(受付3F)
☎ 03-3457-1088
東京メトロ南北線・都営大江戸線「麻布十番」
駅下車 。2番出口から徒歩3分
スポンサーサイト

内海愛子『キムはなぜ裁かれたのか』

【新刊紹介】

キムはなぜ裁かれたのか 朝鮮人BC級戦犯の軌跡キムはなぜ裁かれたのか 朝鮮人BC級戦犯の軌跡
(2008/10/10)
内海 愛子

商品詳細を見る

『キムはなぜ裁かれたのか―朝鮮人BC級戦犯の軌跡』
内海愛子著 
朝日選書(朝日新聞出版)10月10日発売 1575円

BC級戦犯裁判で、朝鮮人148人が戦犯となり、23人が死刑になった――。
「キム」は、その148人を象徴する名前だ。なぜ、何を、彼は裁かれたのか。
被害と加害が錯綜する歴史の真相とは

●内容紹介
 連合国によるBC級戦犯裁判では朝鮮人148人が有罪となり、23人が死刑になった。なぜ朝鮮人が戦犯になったのか。
 戦時中、日本軍は捕虜の扱いを決めたジュネーブ条約を無視、連合軍捕虜の4人に1人が死んだ。その捕虜の監視を朝鮮人軍属に当たらせたのである。裁判では、上官の命令に従うしかなかったとしても、個人の責任が厳しく追及されたのだ。
 戦後、「日本人」としてスガモプリズンにつながれ、釈放後は「外国人」として補償や援護の対象からもはずされ、「対日協力者」として祖国にも帰れなかった朝鮮人戦犯は、日本政府に半世紀にわたって謝罪と補償を求めてきた。彼らを30年間追ってきた筆者が、膨大な裁判記録と本人証言を初めてつきあわせ、現場を歩き、被害と加害が錯綜する歴史の真相を明らかにする。彼らはなぜ、何を、裁かれたのか。植民地支配、捕虜政策、戦争裁判、戦後責任を検証し、彼らの人生をたどりながら、「戦争」と「戦後」を問う。

《筆者あとがきから》
 あらためて朝鮮人BC級戦犯はなぜ裁かれたのかを資料と証言で考えた。「キム」だけではない、BC級戦犯の問われた「戦争犯罪」は組織の中で生きる私たちにも無縁でない。裁判記録を読みながら、「もし自分だったら」と考えこむ。
 戦争犯罪に向き合ってきた戦犯たちの戦後史は、戦後の平和や民主主義が置き去りにしてきた戦争への視点である。そこにはアジア侵略に荷担した自己の苦渋に満ちた悔恨があり、存在をかけた反戦への熱い想いがあった。
 戦犯たちがなぜ裁かれたのか、何を裁かれたのか、その問いはまた、何が裁かれなかったのかという問いになって返ってくる。     

«  | HOME |  »

読書カレンダー本棚ミニ

Powered By ソーシャルライブラリー

最近の記事

メールフォーム

こちらからメール送信できます

名前:
メール:
件名:
本文:

目次

当サイトの目次です。ご覧になりたい項目をクリックしてください。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

当サイト内の情報を検索できます

プロフィール

同進会を応援する会

Author:同進会を応援する会
韓国・朝鮮人元BC級戦犯の蒙った被害について理解を深め、韓国・朝鮮人元BC級戦犯者「同進会」の運動を応援することを目的として発足したグループです。
詳しい情報は「応援する会」のウェブサイト
http://kbcq.web.fc2.com/
をご覧ください

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

RSSフィード

FC2カウンター

月別アーカイブ